オリオン嵐山ゴルフ倶楽部

コース戦略

コース全景

コース全景

芝の種類

北部のチャンピオンコースオリオン嵐山ゴルフクラブはヤンバルの森とティフトン芝で出来ています。
フェアウェイ : ティフトン
グリーン : ティフトン

戦略的で、
ドラマティックなプレーが楽しめる18ホール。

コース内には沖縄特有の色鮮やかな草花や木々、あるいは沖縄本島やカトレアを 形取ったバンカーなどを配し、遊びとゆとりを表現。それらの景観がプレーヤーの心を和ませてくれます。スタートは7分間隔、余裕をもってプレーできることも魅力です。

オリオン嵐山ゴルフ倶楽部は、いわば本格的なコースでゆとりあるプレーを楽しみたいというひとのための格好の舞台といえます。

沖縄の恵まれた自然、優れた伝統・文化を取り入れ、戦略性に富んだ本格的ゴルフコースとして誕生したオリオン嵐山ゴルフ倶楽部。丘陵地帯という地形を生かし、谷越えのホールの多いアウトは、積極果敢な挑戦意欲をわきたたせます。

一方、距離もたっぷりとあり、池や数多くのバンカーが絶妙に配されたインでは、繊細な攻略法が要求されています。このようにタフなコースではあるものの、当倶楽部は設計者の新井剛氏のコンセプトにより「すべての人が楽しめるように」レイアウトされており、たとえばレベルに応じてティーを選べるように、ティーグラウンドも多いホールでは5つも用意しています。

各ホールの詳しい紹介

No.1〜No.3 No.4〜No.6 No.7〜No.9
No.10〜No.12 No.13〜No.15 No.16〜No.18

スコアカード

スコアカードを見る